高等教育における障害者研究会

院生代表者

  • 高雅郁

教員責任者

  • 立岩真也

企画目的・実施計画

【目的】本研究会の目的は、大学における障害者(障害学生)の実態および支援体制を明らかにすることである。特に外見からはわからず、申告しなければ支援を得にくい障害(発達障害、吃音、精神疾患など)に注目する。

【内容と方法】本研究会の内容および方法は3つの活動で構成される。
①先行研究と現状に関するサーベイ:障害学生の支援に関する先行研究と現状についてサーベイを行う。具体的には、国内外の大学(その他高等教育機関)での障害学生支援や、教育現場における合理的配慮に関する研究・資料を収集し輪読(必要に応じて翻訳作業など)を行う。
②全国高等教育障害学生支援協議会(AHEAD JAPAN)の大会への参加:AHEAD JAPANは2014年に設立された、日本における大学に進学した障害学生支援に関する研究などを牽引する拠点的な組織である。2018年6月28-30日に行われるAHEAD JAPANの第四回大会に参加し、高等教育機関における学生支援について情報収集を行う。
③報告会の開催:サーベイ・大会参加で得た情報をまとめ報告会を行う。その際、立命館大学の障害学生支援室のスタッフの方や障害学生支援に興味のある方をお招きして、情報交換・交流する。

【意義】近年、大学に進学する障害者の割合は増えている。2016年度、日本の高等教育機関に在籍する障害学生の人数は27,257人で、全学生数の0.86%にあたる(独立行政法人日本学生支援機構 2017)。本プロジェクトの意義は、サーベイによって今後の障害学生支援に関する研究などの基盤を提供することである。また、本プロジェクトの成果は、実際に支援にあたる人々に対しても示唆をもたらすことが期待される。プロジェクトを通じて立命館大学の障害学生支援室と信頼関係を構築し、来年度にはより実際的な調査などを行いたい。

【参考文献】独立行政法人日本学生支援機構, 2017, 『大学、短期大学及び高等専門学校における 障害のある学生の修学支援に関する実態調査 分析報告』.

活動内容

*本プロジェクトは下記の計画を予定している。

  • 研究会開催
  • :2018/06-2019/01の間、月に1回、読書会を行う。そこでは障害学生への支援に関する国内外の先行研究を輪読し、情報をまとめる。

  • 学会参加
  • :2018年6月28日-30日に国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)にて開催される「日本全国高等教育障害学生支援協議会」第4回大会に参加し、日本の大学における障害学生の支援について情報を交換・最新の知見を得る。

  • 研究成果の報告会
  • :2018/12-2019/02の間にサーベイ・大会参加で得た成果をまとめ、レポートを作成する。レポートを立命館大学の障害学生支援室のスタッフの方などと共有し、感想などをいただく。それらを元に、来年度の研究計画を作成する。

構成メンバー

・高 雅郁 
・橋本 雄太 
・高木 美歩

入試情報 先端研 刊行物 学術誌 プロモーションビデオ