映像人類学先端研究会

院生代表者

  • 福田 浩久

教員責任者

  • 小川 さやか

概要

 本研究会では 、多様化する複合的なメディア状況のなかでフィールドワークを考える。調査の手法としてペンで「書き取る」だけでなく、カメラやマイクなど多様な機材で「書き取り」、映像やCD、インスタレーション、ゲーム、SNS、VR、ARなど多様な媒体で成果を発表するマルチモーダル人類学がアメリカ人類学協会で提唱されたのが2017年である。こうした近年の傾向に鑑み、研究者がマルチモーダルな調査手法および成果発表を自身で遂行できるよう基礎的な能力を提供するのが本研究会の目的である。昨年度の研究会では映像に重点を置き、映像(マルチモーダル)人類学について「読む」「観る」「撮る」「編む」ことで考えてきた。今年度ではそもそもフィールドで調査をするということは何なのか、エスノグラフィーを「制作」するということは何なのかという人類学的研究の原点に立ち戻って考えたい。「制作」という概念は近年邦訳も刊行されたインゴルドの著作でも取り上げられているが、フィールドワークという行為そのものがフィールドワーカーと調査対象者たちの「制作」であるという原点に立ち返ることが、モードの多様化する現代において、一層欠かせないと考えるからである。

●参考文献:Collins, Durington, Gill, 2017 “Multimodality: An Invitation”. American Anthropologist. 119 (1): 142–146、インゴルド, 2017, 『メイキング─人類学・ 考古学・芸術・建築─』, 左右社

活動内容

(準備中)

構成メンバー

・福田浩久
・小田英里
・酒向渓一郎
・柴田惇朗

入試情報 先端研 刊行物 学術誌 プロモーションビデオ