6th International Workshop “Japan’s Videogames and Digital Cultures Between the Local and the Global”の実施について

1.背景・目的・現時点でのプログラム
このワークショップは 2017 年からライプチヒ大学と立命館大学の間で行われている交流プロジェクト「PaJaKo」の一環として企画しています。これまでも、立命館大学とライプチヒで毎年1回ずつ交流のスケジュールに合わせてワークショップを開きました(これまでのワークショップについては、https:// home.uni-leipzig.de/jgames/de/blog/portfolio/japans-videogames-between-the-local-and-the- global/?id=347を参照)。
今回はライプチヒから交流プロジェクトできているコンスタンティン ・フライべ氏の滞在期間また大学院ウィークに合わせ、11 月 18 日(月曜日)の午後に先端研の学生を中心にワークショップを開きます。

2.日時 2019年11月18日(月)13:00-18:00
3.場所 創思館4階 401・402教室
4.プログラム(11月5日現在)

13:00-13:10: Martin Roth

Introduction

13:10-13:40: Kyohei Itō(伊藤京平)

Competition or Cooperation: A Case Study on Game Playing Workshop in Leipzig

13:40-14:10: Yasuo Kawasaki(川崎寧生)

A Study about the Selection of Major Japanese Arcade Video Game Titles -Focused on Ranking Charts on Japanese Game Center Industry Magazine-(”アーケードビデオゲーム機の主要タイトル選定に関する試考―業界専門誌のランキング記事を中心に―”)

14:10-14:30:Break(休憩)

14:30-15:00: Taeko Edaki(枝木妙子)

Japanese modern clothes during the early Taisho Showa period

15:00-15:30: Luca Bruno

The Impossible Subcultural World: Intimacy, Possible World Theory and Accessibility in Character Intimacy Games Culture

15:30-15:50: Break(休憩)

15:50-16:20: Konstantin Freybe

Metal Gear Solid & Political Fiction. Of Mislead Scientists & Questions of Responsibility

16:20-16:50: Goki Atoyama(後山剛毅)

Tamiki Hara in Works by Yoko Ota

16:50-17:10: Break(休憩)

17:10-17:40: Matteo Fabbretti

Changing norms in the localisation of Japanese videogames

17:40-18:10: Shunsuke Mukae(向江駿佑)

Interfaces Inside Gaming World: Mirror, Well and Hole”

Drinks and Discussion(懇親会)

入試情報 先端研 刊行物 学術誌 プロモーションビデオ