公開研究会「ケアとBDSMと親密性」

2019年度 SOGI研究会 公開研究会「ケアとBDSMと親密性」

日時

2020年2月26日(水)14:00~17:00(開場13:45)

会場

立命館大学衣笠キャンパス創思館401・402
立命館大学衣笠キャンパスマップ(30番の建物)

講師

小西真理子(大阪大学)

プログラム

親密な関係を求める事がない人や、「普通」ではない性的嗜好を持つ人を、病気や異常者としてみなす傾向は未だに日本社会には存在する。だが逆に、セクシュアリティが生殖の意味だけのものであった時代はごく限られているともいいうる。日本社会においても「変態」は常に存在し、それに意味を付加していくために、性科学や精神分析が輸入され発展していったと言ってもよい(『変態性欲論』)。そうした文脈から、一部では肉体よりも精神を重視するロジックも強まり、婚前セックスや同性愛が公共的空間で共有されていく背景には、「当人同士が愛し合っていればよい」という「愛」やコミュニケーションにもとづいた関係性重視の傾向も浮上してくる。「性欲とは異なる性」としてのセクシュアリティが、人格やアイデンティティの中核にある人間的要素のバリエーションの一つとして出てくる事もある。すると、「正常」なセクシュアリティから逸脱したものは性的サディズムや性的欲求低下障害として、治療対象にされてしまうという状況も作り出される。そこから、「正常」とされるセクシュアリティに付随している性規範を、ケア、性的嗜好における嗜虐的性向(BDSM)、親密性を中心に批判的に検討していく必然性が生じる。
今回の研究会では、そうした批判的検討の一環として、BDSMを事例に小西真理子氏からご報告いただき、議論していく事にしたい。

企画趣旨

趣旨説明
長島史織(先端研院生)
招聘講師の講演
小西真理子(大阪大学)
院生の発表&ディスカッション
長島史織 (先端研院生)
欧陽珊珊(先端研院生)
コメント
酒井麻衣子(立命館大学文学部初任研究員)

・ご講演については、小西真理子『共依存の倫理』(2017年、晃洋書房)に事前にお目通しいただくと、より理解が深まるかと思います。

入試情報 先端研 刊行物 学術誌 プロモーションビデオ