比較文学と<共生>研究会(2016年度)

院生代表者

  • 橋本 真佐子

教員責任者

  • 西 成彦

企画目的・実施計画

【企画目的】
 文学の中にいかに〈共生〉を見出すことができるのか、時代や地域を越えて立ち現れてくる諸問題について検討する。本プロジェクトは、海外文学と日本文学の接触を通して、文学の〈共生〉の可能性を探るものである。具体的に現段階で切り口となりうるキーワードは、〈帰属〉、〈越境〉、〈海外〉である。テクスト研究を通じて、国民文学の枠を乗りこえるとともに、世界文学として存在し読まれ続けられうる作品として生き延びる文学の要素とは何であるかを考察する。時代によって変容する文学や言語のなかから垣間見える普遍的な価値について理解を深めることを目的とする。
【実施計画】
 本年度は院生プロジェクトをたちあげて初年度に当たる。メンバー全員が文学研究をしており、西成彦教授の読書会にも参加している。オブザーバーの参加を含めて、研究会の充実を図りたい。

活動内容

【通年研究会】
 月1〜月2回程度の頻度で研究会を開催した。一つの課題テクストを読み、互いに議論することで、研究会の目的に即した問いの探求を行った。前期は、〈共生〉に関するテクストを輪読してディスカッションを行った。後期は、二度の映画鑑賞を行ったほか、台湾と植民地に関する文学作品と研究書を精読した。その中でも、特に台南文学について理解を深め、指定質問の準備をする等、公開研究会にむけて取り組んだ。
(文献)
リービ秀雄『越境の声』、岩波書店、2007年
藤井省三、垂水知恵、河原功、山口守『講座 台湾文学』、国書刊行会、2003年
白先勇・山口守訳『台北人』、国書刊行会、2008年
大東和重『台南文学––日本統治期台湾・台南の日本人作家群像-–』、関西学院大学出版会、2015年
(論文)
牧野成一「村上春樹の日本語はなぜ面白いのか—文体を中心に–—」、Proceedings of Central
Association of Teachers Of Japanese Conference、2013
大東和重「植民地の地方都市における『文壇』と『文学』−−日本統治期・台南の台湾人作家たち−−」、『文学』、第17巻第3号、岩波書店、2016年5-6月
(小説)
佐藤春夫『霧社』、「定本佐藤春夫全集」第5巻、臨川書店、1998年
(映画)
『セデック・バレ』
『GF*BF』(2016年度「孔子学院の日」映画上映会に参加)

【公開研究会開催】
12月に公開研究会「〈帰属〉〈越境〉〈海外〉を考える—台湾文学からの視座–−」を開催し、関西学院大学法学部の大東和重教授を講師として招聘した。その際、「考古学と文学のはざま—戦前の台南における平地先住民研究事始め−−」というテーマでお話いただいた。本プロジェクトのメンバーは、大東和重教授の著作、報告にかんする指定質問を行った。

【報告書作成】
2月に、本年度後半の取り組みとしてその成果を、論集『〈越境〉〈帰属〉〈海外〉—文学から「植民地台湾」を考える−−』にまとめた。

  • 台湾文学に関する公開勉強会

<帰属><越境><海外>を考える
――台湾文学からの射程――


台湾文学に関する公開勉強会

※クリックでPDFファイルダウンロード。

  • 日時:2016年12月4日(日)15:00-17:30(開場14:30-)
  • 場所:立命館大学 衣笠キャンパス 創思館303・304号室
  • 講師:大東和重先生(関西学院大学法学部・法学研究科教授)
  • 大東和重先生のプロフィール:
  • 関西学院大学の法学部・法学研究科の教授で、比較文学及び文学史というアプローチから日本及び中国、台湾の文学を研究していらっしゃいます。主な著作には中国人作家・郁達夫と大正時代の日本文学の関係を記した「郁達夫と大正文学」(2012)、戦前植民地であった台湾の、地方都市である台南の文学について研究した「台南文学‐日本統治期台湾・台南の日本人作家群像」(2015)があります。

 

  • 主催:比較文学と<共生>研究会
  • 開催要旨:
  • 台湾文学、特に台湾が日本に占領されていた戦前の台湾文学を取り上げ、<内地人>である日本人と<外地人>である台湾人や民族マイノリティがどのような関係を保持し、どのような共生のしかたを築き上げてきたのかを読み解いていく。

  • タイムテーブル:
  • 14:30 開場
    15:00-15:10 開会の挨拶 司会 橋本真佐子
    15:10-16:00 大東和重先生の講演
    16:00-16:20 休憩
    16:20-16:50 指定質問およびディスカッション
            指定質問者:柏尾有祐・黄茜・大野藍梨・佐々木亮
    16:50-17:00 閉会の挨拶 西成彦先生よりコメント
    18:30- 懇親会(とりのすけ金閣寺前店)

  • 事前予約不要・参加費無料
  • お問い合わせはチラシのアドレスまでご連絡ください。

  • 研究会の紹介:
  • 比較文学と<共生>研究会で、これまでに主に取り上げた作家は、占領期に台湾に住み、台湾で日本語文学を著していた國分直一(1908-2005)や佐藤春夫(1892-1964)などがいます。使ったテキストとしては大東和重先生の「台南文学-日本統治期台湾・台南の日本人作家群像-」、特にその第5章から終章です。その他、学術雑誌「文学」2016年5-6月号に収録された大東先生の「植民地の地方都市における『文壇』と『文学』-日本統治期台湾・台南の台湾人作家たち-」もテキストとして使用しました。

成果及び今後の課題

 後期からは、メンバー各自の研究テーマ領域ではない、「台湾」の文学テクストに沈潜することになった。「台湾」に領域を限定したことには理由がある。前期での活動を顧みた際、「台湾」に関係する文学テクストを扱った点が挙げられる。これはメンバー間で意図していないにも関わらず、上記にも記したように、研究会の性格を含意することで自然と「台湾」という領域にテーマが向かっていったと思われる。台湾文学という射程のみに限定することで、各自の研究テーマとは異なりながらも、より広範且つ深度のある読み、思考を行うことができた。そして、前/後期を通して得られた知見を最終的に論集として纏めた。また、この成果は研究会当初の目的である、国民文学のみのテクストの読みからより柔軟な視座を基に、世界文学的に読むことにも関係するものであった。
 今後は、さらなる研究会の発展の為に、台湾文学以外の地域の文学テクストにも向き合い、また学会への参加などを通して、充実を図りたい。本プロジェクトのメンバーは全員、台湾ないしは台湾文学にかんしてまったくの初学者であったが、台湾の重層的な歴史、日本統治時代の文学、あるいはクイア文学も含めた現代台湾文学についての知見が得られた。そのなかでも、植民地期台湾の文学に関心を寄せた私たちは、論集『〈越境〉〈帰属〉〈海外〉—文学から「植民地台湾」を考える−−』にレポート・エッセイを寄せた。今年度の取り組みを次年度以降につなげるために、まずは論集の合評会、パネル展示などの企画をしていきたい。

構成メンバー

大野藍梨 (共生領域)2006年度入学
柏尾有祐 (共生領域)2015年度入学
佐々木亮 (共生領域)2016年度入学
黄茜(共生領域)2015年度入学
橋本真佐子(共生領域)2016年度入学

入試情報 先端研 刊行物 学術誌 プロモーションビデオ