『メディアデバイスから 開く/閉じる パートナーシップ――ソーシャルメディア・ハラスメント・大学』

企画概要

 近年、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)をはじめとするソーシャルメディアの普及により、学習・研究の環境はもちろんのこと、学生・研究者相互のコミュニケーションのあり方も大きく様変わりしつつある。そうした新たな情報通信技術(ICT)環境下で、学生同士の日常的コミュニケーション、あるいは教員と学生の関係に、これまでになかった ような問題も生じている。ICTに媒介されたハラスメント事件なども日々報道されており、われわれ大学関係者も無縁ではいられない。
 そこで本企画では、メディア論がご専門の飯田豊先生をお招きし、本学の学生を対象に実施したLINE利用実態の調査結果などを踏まえて、一連の問題とその向き合い方について共に考える場としたい。


『メディアデバイスから 開く/閉じる パートナーシップ――ソーシャルメディア・ハラスメント・大学』

※クリックで拡大します

開催日時・場所

日時:2015年2月17日(火)16:00-18:00
場所:立命館大学衣笠キャンパス創思館4階401-402
アクセス: http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html

【プログラム】 
16:00-16:10 趣旨説明 吉田寛
16:10-17:00 講演 飯田豊
17:00-17:10 休憩
17:10-18:00 全体ディスカッション

プログラム終了後に懇親会を予定

入試情報 先端研 刊行物 学術誌 プロモーションビデオ