Core Ethics Vol.11

立命館大学大学院先端総合学術研究科
『Core Ethics』Vol.11 2015年

コアエシックス11号_表紙
目次 PDF<212KB>
奥付 PDF<55KB>


論文

風景思想の転換に参与したローカルエリート
――小林吉明による京都市郊外の風致保全・保勝事業を事例に―― 
岩田 京子 p.1
PDF<496KB>

ミシェル・シオンによる映画の音声/声をめぐる概念の再考
――映画『二〇〇一年宇宙の旅』の分析を通して――
越智 朝芳 p.13
PDF<342KB>

滋賀難病連の患者運動と滋賀県との「協働」
――協働関係となる要因分析――
葛城 貞三 p.23
PDF<368KB>

ルイス・キャロルの『アリス』シリーズにおける二者性の表現
⻆田 あさな p.35
PDF<277KB>

宇都宮病院事件から精神衛生法改正までの歴史の再検討
――告発者及びその協力者の意図との関係――
桐原 尚之 p.47
PDF<410KB>

「全国重症心身障害児(者)を守る会」の発足と活動の背景
窪田 好恵 p.59
PDF<433KB>

「英会話講座」から多文化交流の「場」へ
――亀岡市におけるグローバルセッションの転換―― 
児嶋 きよみ p.71
PDF<403KB>

精神障害当事者にエンパワメントをもたらす公共の語りの場の設計
――語り部グループ「ぴあの」の実践事例をもとに――
栄 セツコ p.83
PDF<524KB>

老人福祉法制定前後の在宅高齢者福祉政策に関する再検討
――1950 ~ 1960 年代前半の京都市を事例に―― 
佐草 智久 p.95
PDF<421KB>

統計的手法による『山海経』編著者の識別
下西 紀子 p.107
PDF<1294KB>

台湾における終末期医療の法と倫理
――終末期退院の慣行と「安寧緩和医療法」をめぐる判決を手掛かりに―― 
鍾 宜錚 p.123
PDF<406KB>

ある行政官僚の当事者運動への向き合い方
――障害基礎年金の成立に板山賢治が果たした役割――
高阪 悌雄 p.135
PDF<413KB>

ハンセン病の医療の変遷の歴史
――1960 年代の長島愛生園の医療を中心にして―― 
田中 真美 p.147
PDF<483KB>

障害分野へのケアマネジメント導入をめぐる迷走と諸問題・1995 年―2006 年
萩原 浩史 p.159
PDF<386KB>

華人プロテスタント信者の越境的連結
――「中国信徒布道会」をめぐる一考察――
モリ・カイネイ p.171
PDF<490KB>

戦後の大阪住吉におけるローカル・ポリティクス
――天野事件を通じて――
矢野 亮 p.183
PDF<485KB>

中国人観光客における日本観光の〈オーセンティシティ〉
――観光政策と観光産業の狭間で体験する日本――
王 屹 p.195
PDF<576KB>


書評

「我々」と「彼ら」の文化ではない「多文化」の思考へ
――学習言語とは何か─教科学習に必要な言語能力――

What is academic language? The language abilities needed for academic studies
2011 バトラー後藤裕子(Yuko Goto Butler)三省堂

児嶋 きよみ p.209
PDF<206KB>

入試情報 先端研 刊行物 学術誌 プロモーションビデオ