博士論文/博士予備論文構想発表会、オープン交流会

2018年度 博士論文/博士予備論文構想発表会

先端研では、毎年7月に、博士予備論文(修士論文に相当)・博士論文の構想発表会を行なっています。
構想発表会は、プロジェクト型教育・学際的研究を推進する先端研ならではの、多様な関心をもつ院生・教員・研究者らが集う貴重な機会です。ぜひこの場に参加して、先端研の魅力を体感してみてください。
期間中は、下記のオープン交流会、コーヒーブレーク、院生・修了生の著書紹介などを行ないます。多くの関係者と交流できるチャンスですので、積極的に活用してください。

開催概要
日時 2018年7月22日(日)・23日(月)
会場 立命館大学 衣笠キャンパス 創思館カンファレンスルーム

本研究科構想発表会の3つの魅力

  1. コーヒーブレイク

    コーヒーや冷たい飲み物をご提供します。

  2. 修了生・在学生の著書展示ブース。

    コーヒーブレイク会場の応接室にて、先端研独自の出版助成制度で刊行されたものなど、修了生・在学生の著作の展示を行います。

2018年度前期 博士論文/博士予備論文構想発表会
論題・スケジュール

2018年7月22日(日)

  • 13:00~13:35 <予備>(表象) 分析心理学史における「中心喪失」的状況の検討-「集合的」という概念の変容から-
  • 13:35~14:25 <博士> (公共) 病者に「なること」と「やめること」のはざま-米軍統治下(1945~72年)の沖縄愛楽園入所者の戸籍再製-」
  • 14:35~15:25 <博士>(表象) 野球視覚文化論
  • 15:25~16:15 <博士>(公共) 家庭奉仕員・有償ボランティア・家政婦-日本におけるホームヘルプの歴史的展開-

-コーヒー・ブレイク-

2018年度先端総合学術研究科オープン交流会

講演スケジュール(予定)

  • 17:30-  講師 安部 彰氏 (公共領域:2008年3月修了)
          (三重県立看護大学 看護学部 准教授)
        「領域横断的な研究会をベースとした研究活動と
         一哲学・思想系研究者における流浪のキャリアパスについて」
  • 18:00-  講師 小出 治都子氏 (表象領域:2016年3月修了)
       (大阪樟蔭女子大学 学芸学部化粧ファッション学科 専任講師)
        「大学で化粧を教えるということ」
  • 18:30- 懇親会

2018年7月23日(月)

入試情報 先端研 刊行物 学術誌 プロモーションビデオ